学生の街中野区で始める新しい暮らし〜ワクワクニューライフ〜

再開発で賑わう中野区~学生が主役になれる街~

The city of students “NAKANO” 〜学生が住みやすい街〜

中野駅周辺の再開発とともに、話題になったのが旧警察大学校跡地に次々と行われた「明治」、「帝京平成」、「早稲田」など各大学のキャンパス開設。明治大学だけでも2016年度には総計2500人の学生が通うことになっています。つまり、各大学の学生数を合わせると、さらに多くの学生で中野の街全体が賑わうことが予想できます。実際に2015年からは、街と大学の交流がスタートしています。区主催のフェスティバルや地元商店街のイベント等に学生が積極的に参加し、教育機関と地域住民との関係性が深まっているのです。

住みやすさ抜群!中野区の魅力を知ろう

中野の風景
中野周辺の路線図

中央線、東西線が通る中野駅は、新宿駅まで5分、池袋駅・渋谷駅へも20分以内とアクセス抜群。中野駅周辺には、多くの学校施設があり、駅周辺に住めば通学する際に大変便利!また中野駅北口から歩いて数分の場所には、サブカルの聖地として有名な中野ブロードウェイや、中野サンモール商店街があります。中野区は、日々の生活を過ごすための快適さと、エンターテイメント的要素の両面を併せ持っている魅力あふれる街なのです。

ドキドキの一人暮らしは学生マンションがおすすめ!

新生活を控えている学生さんで、新しく住むための物件を探しているのあればぜひ検討してほしいのが学生マンションです。
一般的なマンションと比べると、学生さんにとってのメリットがいっぱいです!

学生マンション
  • 一般的なマンションよりも、似たようなライフサイクルの学生入居者が多いため、隣人トラブルが起こりづらい。女子専用マンションもある。
  • 居住者の大学や専門学校の卒業を見越して、入居する頃の空室状況を前年のうちに確認可能。
  • 建物によっては防犯カメラ、オートロック、防犯キーを採用。24時間体制で管理会社のサポートを導入していることもあり安全性が高い傾向にある。
  • 快適な生活を送ることが出来るように、トイレ、バスルーム、キッチン、収納スペースが完備。エアコンなど電化製品がついていることも。
  • 部屋のキッチンで自由に行なうことが可能。稀に食事つきの学生マンションもある。
  • 一般的なマンション・アパート
  • 入居者は年齢や職業に関係なく様々。人によってライフスタイルが違うため、騒音トラブルが起こることも。また女子の一人暮らしとなると、セキュリティ面に不安が残る。
  • 現入居者や不動産会社の都合上、およそ1か月前にならないと空室状況が把握できないことも。
  • 高級マンションであれば、好待遇なセキュリティサポートを受けることが可能。しかし、物件によっては平日しか対応してくれないことも。
  • 平均的な設備は完備している。設備内容は物件のグレードによって変わるため要確認。
  • 部屋のキッチンで自由に行なうことが可能。
  • 女子学生が求めるマンション設備(キッチン編)

    IHコンロ

    料理をするためには当然キッチン設備が必要ですが、特に重要なのがコンロです。コンロにはいくつか種類があり、「ガスコンロ」や「IHコンロ」等があります。学生マンションによって設置されている種類は異なりますが、オール電化ブームでIHコンロのマンションが増えているそうです。IHコンロは電気を使用するため火災の心配も少ないですし、手入れも簡単ですので一人暮らしの大きな味方になること間違いなし!

    女子学生が求めるマンションセキュリティ

    マンショのオートロック

    学生マンションを選ぶ際には、セキュリティ設備をチェックしましょう。こちらでは、一人暮らしの生活の経験がある女性に「あって良かったと思うセキュリティ設備」を聞いてみました。先輩たちの意見を参考にしてみましょう。

    先輩たちの声

    【大学2年生20歳女性】
    ポイントはエントランスのオートロック機能!初めての一人暮らしでは、来訪者へのセキュリティ対策はとても大事だと思いますよ。

    【大学4年生22歳女性】
    防犯カメラがあるマンションを選びました。エレベーターやフロアごとにカメラがついているので、盗難被害もなく、センサーライト機能がついていたので、夜もしっかり撮影してくれます!

    中野区の学生マンション情報

    学生向けマンション

    出典:明治大学(中野キャンパス)近辺の学生マンション/学生マンション.com 全国12都市の学生マンション情報

    各大学が集まっている中野駅周辺だけでなく、東中野駅や野方駅、鷺ノ宮駅周辺にも学生マンションは多くあります。設備や間取り、立地にもよりますが、家賃の幅としてはおよそ4万円~14万円以上。間取りも家賃と同様にピンキリで、1R~2LDKの部屋もあります。(2016年5月現在)。部屋の設備も、バストイレ別、冷暖房完備など条件が異なってくるため、事前の情報収集は必須!地元に詳しい中野区内の不動産会社に気軽に問い合わせてみましょう。

    家賃発生スライドサービスの活用

    入学が迫った時期は空き物件がなかなか見つからないため、進学先に入学する数か月前に物件の賃貸契約をすることは珍しくありません。その場合、当然ですが契約を結んだその日から家賃が発生します。つまり、まだ引越していないにも関わらず、家賃を支払わなくてはいけません。そこで、ご紹介したいのが一部の物件紹介会社が行なっている「家賃発生スライドサービス」。こちらは、事前に物件の契約を済ませた上で、家賃の発生を入居後にスライドさせることができる制度です。引越し費用の節約を考えているなら、1つの選択肢として考えておきましょう。詳しくは、中野区の不動産会社へ。

    栄養バランスが満点◎の食生活

    食事する女性

    ほとんどの学生マンションでは、食事は自分で用意するのが普通です。ですが、中にはプロの栄養士さんが考えた食事付きの学生マンションもあります。使用される食材は徹底的な衛生管理を受けているため安全ですし、食べたいときに出来たてホヤホヤな温かなご飯を提供してもらえます。もちろん食事スタイルは基本的に自由なので、外食はもちろん自炊も可能です。